秋の百合畑

ポケモン中心の雑記

S3 シングル 最高2100 最終2053

S3お疲れ様でした。
久しぶりの構築記事です^o^
S3の構築

f:id:akitumn:20170516014630j:image

フシギバナ

努力値 252-0-76-48-64-48
実数値 187-×-168-151-146-109

ずぶとい フシギバナナイト 葉緑素
技 ヘド爆 めざ炎 やどりぎ 光合成
役割対象 レヒレ カグヤ ポリ2  コケコ ブルル ゲッコウガ スイクン アシレーヌ ボルトロス

サイクルパにおいて最も信頼しているメガ枠です。相手のテッカグヤやレヒレなどの後出しが難しい相手に安定する所が一番強いと思いました。 
努力値はHBは意地ガブの逆鱗2耐え(意地リザXの+1逆鱗15/16耐え)、HDは臆病リザYのオバヒ耐え(メガルカのラスカ2耐え)、Sは大体のレヒレを抜ける程度、余りCです。
バナに薄いパーティが割と多かったです。


ポリゴン2

努力値 244-0-236-4-12-12
実数値 191-×-154-126-117-82
ずぶとい しんかのきせき アナライズ
技 イカサマ 冷凍ビーム 放電 自己再生
役割対象 ミミッキュ ガルーラ ガブリアス 

環境に役割対象が沢山いたのでとても使いやすかったです。アナライズイカサマで陽気+2ミミッキュを確1にできます。
努力値はSは麻痺したミミッキュ抜きまで振って、陽気ガブの剣舞Z逆鱗を出来るだけ耐えるためにHBに振っています(12/16耐え)。
トレースしたい特性があまり無く、アナライズによる火力アップの恩恵が結構あるので特性はアナライズが最強だと思います。

ヒードラン

努力値 212-0-28-12-252-4
実数値 193-×-130-152-173-98
おだやか たべのこし もらいび
技 ふんえん ラスカ ステロ 吠える
役割対象 テテフ ガルド ガモス リザY

テテフを受けたり、リザYやガモスを削ったりサイクルを有利に進めるためにステロを撒いたりする駒です。
HDはガモスの+1めざ地耐え、残りは適当(忘れました)
イーブイバトンに手も足も出ないのが嫌だったので吠えるを入れました。起点回避できたりオニゴーリを飛ばせたりと割と便利でした。

カプ・レヒレ

努力値 220-×-116-164-4-4
実数値 173-×-165-136-151-106
ずぶとい バンジ(半分回復)のみ ミストメーカー

状態異常対策とバシャーモを受ける為に採用しました。
努力値は4振りバシャーモなみのりで15/16の乱1、余り適当にHB。マンダの+1意地特化捨て身で乱数50%で落ちます。
バンジのみはサイクルを上手く回せたら大体発動するのでとてもつよかったです。
マンダなどの微有利な相手にも、裏に受けられるポケモンがいたら交代したりして大切に扱いました。

カプ・テテフ

努力値204-0-148-76-4-76
実数値171-×-114-176-136-125
ひかえめ こだわりメガネ サイコメーカー
技 サイキネ ショック ムーンフォース シャドボ
役割対象 受け回しの構築 フシギバナ 

主に相手のサイクルを崩壊させる為に採用しました。
HBは意地ガルーラの捨て身15/16耐え(4振りカグヤのヘビボン15/16耐え)、HDは控えめガルドのシャドボ14/16耐え、Sは最速カグヤ抜き、余りC。
対面性能が非常に高く、サイクルパ以外にも刺さってる構築に出して1体持っていくような立ち回りもすることが多かったです。

ミミッキュ

努力値 132-252-4-0-20-100
実数値147-156-101-×-128-129
意地っ張り ゴーストZ ばけのかわ
技 剣の舞 シャドクロ じゃれつく トリル
役割対象 霊獣ボルト クレセリア 受けきるのが困難な構築

なぜこの努力値振りになったのかは覚えていません()主に選出画面で受けきるのが困難な対面構築、積みサイクルに選出しました。
他の2体でサイクルを回して、1体死んだらミミッキュを死に出ししてトリルしてゴーストZで1体倒し、裏のポケモンで〆るみたいな立ち回りが多かったです。

雑記

最高レートのやつ
f:id:akitumn:20170516025154j:image
基本選出はバナポリドランですが、どのポケモンも選出率が高かったように思います。
テテフで削って裏の2体で回したり、ミミッキュテテフで対面チックな動きをしたりもよくしました。
選出画面の段階ある程度試合展開を予想するのが大切だと思いました。
来期はスペレを頑張ります。。。
ここまで見てくださってありがとうございました!!!
何かあればTwitter@akitumnまで。











f:id:akitumn:20170516015940p:image
↑ この記事を書いてるときのぼく